とびきり!中小企業診断士☆ブログ

中小企業診断士を目指し、試験をのりこえた男の日々。

診断士の勉強をするとWANDSの第5期もアリなのではと思った

WANDSが復活するらしい。第5期として。来年1月に新曲を出すんだとか。

www.oricon.co.jp

 

SNSだとかyahoo掲示板を見ると、ファンとしては失望している人が多い印象。

今回のギターとキーボードは第2期の柴崎さんと木村さんが復帰したが、やはりボーカルが上杉昇さんでない点がひっかかっているようだ。

 

まあ、その気持ちはわかる。

 

当時のリアルタイムのファンであれば、上杉さんがボーカルでなければ納得できないのであろう。

 

だが、今回のボーカルは上原大史さんという別のバンドのボーカルであり、若い。新しいマーケットとして、今の10代、20代も狙いにいっているのではないかと思う。 

 

当時聞いていた世代が今CDを買うとも思えないし、ライブに足を運ぶとも思えない。ボーカルを若い世代に変えることで、新しいマーケットを開拓するという戦略はよくわかる。実際T-BOLANとか復活しても、セールス的には厳しかったんじゃないかな。

 

またボーカルがころころ変わるバンドというのも日本では珍しく、差別化になるのではないか。海外ではヴァンヘイレンとかボーカルもころころ変わっていたし。それはそれでおもしろいんじゃないかなあ、とも思う。まあ商業的な話ですが。

 

ということでWANDSの復活、ちょっと動向を気にしてみたいと思う。

真っ赤なLip(タイアップ盤)

真っ赤なLip(タイアップ盤)