とびきり!中小企業診断士☆受験ブログ

中小企業診断士を目指す男の日々を記す。

中小企業診断士試験 二次

スモールビジネス・マーケティング(岩崎邦彦)を改めて読む

改めて読みなおす。中小企業診断士試験の事例2のバイブル。 スモールビジネス・マーケティング―小規模を強みに変えるマーケティング・プログラム 作者: 岩崎邦彦 出版社/メーカー: 中央経済社 発売日: 2004/04/01 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 12…

「ふぞろいな合格答案10年データブック」が6月に販売される模様(全知全ノウは7月)

ふぞろいな合格答案は、昨年度にエピソード10を発行した。10年選手である。 なんと、それもあって10年分のデータをまとめた、ふぞろいな合格答案10年データブックが6月に発売されるとのこと。 ふぞろいな合格答案 10年データブック 作者: ふぞろいな合格答案…

中小企業の株式上場に係る課題と解決策

中小企業が株式上場を希望した場合、どのような課題があり、どういった支援をすべきなのか。 …という事例が紹介されていたので、簡単にまとめておく。 http://j-net21.smrj.go.jp/know/handson/h29/pdf/h29_05.pdf ■背景 医薬品開発を行う創薬バイオベンチャ…

ふぞろいな合格答案エピソード11が6月22日に発売

ついに、発売予定日が決定した。Amazonでも予約が可能となった。 「ふぞろいな合格答案エピソード11」である。 2018年版 ふぞろいな合格答案 エピソード11: 中小企業診断士2次試験 作者: ふぞろいな合格答案プロジェクトチーム 出版社/メーカー: 同友館 発売…

(2018年度)診断士試験の試験委員が発表されたので、その著書を調べた

TACの記事を見て知ったのだが、平成30年度の診断士試験委員が発表された。 少々入れ替わりがあったそうだ。 ■試験委員名簿 http://www.j-smeca.jp/attach/test/h30/h30_shikeniin_meibo.pdf 新たに加わった委員は以下の4名。(この他、4名が退任された模様…

中小企業診断士・二次試験の模試スケジュール(2018年度)とお勧め

2017年3月10日に、MMCで二次試験模試が行われた。 いよいよ2018年度の二次試験対策もスタートが切られたような気がする。自分自身のスケジュール把握もかねて、2018年度の二次試験模試スケジュールを分かる範囲で以下にまとめた(2018年3月版)。 MMC AAS名…

ふぞろいな答案分析4と再現答案4が3月20日に発売、そして合格答案との違い

2017年度の二次試験が終わり、5か月ほど経つ。 ふぞろいな答案分析4と再現答案4が、3月20日に発売された。 ふぞろいシリーズとは 中小企業診断士受験生にとってバイブルであるこの参考書。これは過去の診断士試験受験生(合格者・不合格者)の再現答案と評…

1月最終週の診断士試験勉強記録

1月が終わった。早い…! 診断士試験 の勉強状況は、あまり芳しいとは言えない状況。得点開示の内容なんかを見ると、課題は事例3の改善にあるのは間違いない。だが、事例3にそこまで時間がかけられていない状況である。 では現在、何をしているかと。 それ…

得点開示請求の返事が届きました

ようやく得点開示請求の結果通知が来ました。 trk.hatenablog.jp 実際に開示請求を送付したのは12月の頭です。 が、合格発表(12月22日頃?)を始めとして1か月後に返却されるということで、今日の今日までかかってしまったようです。他のブログを見ても、…

MMCやTBCで合格体験記が更新されつつある

MMCに平成29年度の合格体験記が更新されていた。 MMC 中小企業診断士講座は、実績のあるMMCで! 合格体験記 今年の体験記の掲載数は6つ。去年が8つだったので、ちょっと減っている。 しかし事例IVの対策は今年度の試験に効果的だった模様。特に取替…

ポアンカレのインキュベーションと二次試験

ポアンカレのインキュベーションという問題解決の手法がある。 一言でいうと、「意識的かつ集中的に問題に取り組み、その後しばらく問題から離れる」という問題解決の手法だ。 これはポアンカレという数学者が、フックス関数について最初の論文を書いた際に…

(2017年度)二次試験の出題の趣旨と問題文を比較分析してみた

本日、中小企業診断士の最終合格発表と出題の趣旨が発表された。 平成29年度中小企業診断士第2次試験の出題の趣旨について 早速、設問と趣旨を比較表にして確認してみた。表をそのまま載せるのもまずいかもしれないので、所感について以下述べる。 (1)事…

春秋要約はじめました

春秋要約とは、日経新聞の「春秋」を40字程度でまとめるものである。 読解力、要約力(文字単価の向上)に効果があるという。 * というわけで春秋要約を、試しに始めてみた。パソコンの前に座して要約するのは難しそうだが、タブレットやスマホで春秋を読め…

(二次試験)筆記試験結果のお知らせと今後の展望

二次試験の筆記試験結果が到着した。 trk.hatenablog.jp 事例3のみがCで、それ以外はAであった。試験を終えた時点の感触に近い。事例1と2は意外にできたな、と思う一方、事例3は手ごたえがあまりなかった。事例4は、まあ部分点はとれたかな、という感想…

二次試験の結果、そして羽生名人の言葉

二次試験、結果が出た。 合格ならず。無念。 * いずれにせよ、自分はこれからも経営の勉強をしていくことだろう。 7冠を達成した羽生名人は言った。 1つのことに対して10年、20年、30年と同じ姿勢で、 同じ情熱を傾け続けられるのが才能だと思う、…

今日の午前は二次試験の結果発表

いよいよ、である。 今日は二次試験の合格発表。 泣いても笑っても、今日の午前中には結果が出てしまう。 * 結果はわからないが、やはりこの試験受けてよかった。最近はそう思う。 経営の知識をもとに物事が見られるようになった。 何か新しいことを学ぶと…

結果発表、縦から見るか?横から見るか?

明後日はいよいよ二次試験の結果発表である。 過去の合格番号発表を見ると、意外にスカスカである。隣あわせの番号が、20番くらい離れているものもあった。これでは、自分の番号があるかないか、すぐに分かってしまう。 人によっては、検索で自分の番号を…

AASのブログ

一次試験を終えてからは、中小企業診断士関連のブログをよく見てきた。 trk.hatenablog.jp その中には、受験校のAASのブログもある。東京AASと名古屋AASのものがあり、ブログ村のランキングではどちらも上位だ。 中小企業診断士 鷺山はるこのブログ「Si.Ecco…

企業診断12月号は口述試験対策に

企業診断12月号が出ていたので、読む。 企業診断 2017年 12 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 同友館 発売日: 2017/11/28 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 二次試験問題の解説がしてあって、なかなか興味深かった。 事例4は昨年から難化したが、そ…

診断士ブログの活用

中小企業診断士の試験に関するブログは色々とある。 受験校がノウハウや精神論を語るものや、個人の受験記や勉強記録を綴るもの等、実に様々である。一次試験向けの記事もあれば、二次試験や口述試験、実務に関する記事もあり、有益なものも多い。 自分もそ…

ひとりぼっちの診断士試験

自分の試験勉強は、いつも1人だった。 世間では、やれ受験校だの、やれ勉強会だの、皆ワイワイと勉強している。診断士になればネットワークも重要となり、今からそのようなコミュニティに属することは利点が多い。 * 自分も、可能ならば入りたかった。そう…

改めて事例2の与件文を読む

改めて、事例2の与件文を読んだ。 * 井戸端会議の存在感が、強い。 販売を引き継いだ日用品も、井戸端会議メンバーが購入した。婦人服の予約会も、井戸端会議メンバーが購入して支えた。廃業を止めたのも井戸端会議メンバーである。社長の娘に対して、「X…

ストレート生の悲劇

アインシュタインは相対性理論の発見という偉業を成し遂げた。 彼はその後も、学問的探究を続けた。彼は後半生の30年も学問的探究を続けたが、それは無駄な研究への空費だったという。相対性理論のような発見を成し遂げることはできなかった。 * 自分は、ス…

年をとっての資格勉強で学んだこと

試験勉強は、久々だった。 中小企業診断士試験の準備を進めながら、自分はよくそう感じた。努力して準備して、その努力を誰かに評価される。なんだか学生時代に戻ったみたいだ。 * 診断士の勉強は、主に経営に関する幅広い知識を得て、分析力や論理力を養う…

再現回答の採点サービスを利用しなかった3つの理由

二次試験の後には再現答案をつくるが、それを採点する受験校のサービスがある。 LEC、和泉塾、SLA、Score、等。答案の講評とともに、合格可能性を評価してくれるという。 * 自分は試験日に再現答案を作ったのだが、実は採点サービスには送っていない。 再現…

テクニック重視の対策と合格後

前回や過去の記事では、少々テクニックじみたことを書いた。 trk.hatenablog.jp 解答における一貫性の優先度を下げて、6割の確保を狙う。この姿勢のメリットは大量失点のリスクが少ない事。デメリットは、残りの4割を落としやすい事である。 だが、それ以…

MMCを診断士試験の予備校に選んだ理由

中小企業診断士の二次試験に向け、自分が選んだ受験校はMMC(通信)である。 診断士試験の予備校には、TAC、TBC、MMC、KEC、大原等がある。その数は多い。そこからMMCを選んだ主な理由は、主に3つ。 (1)初心者向けの受験校と評価されること。特に初の受…

中小企業診断士の対策として簿記を受けるならどのレベルが良いのか

もう1年、試験勉強をするならば。 弱気ではあるが、たまにそんなことを考える。もう1年与えられるならば、自分は何の勉強をするべきだろうか。事例1~3については分からないが、事例4に対しては、簿記1級を勉強するであろう。 では、簿記のどのレベルを勉…

とびきりの二次試験対策③(10月の過ごし方)

2017年度の試験は10月22日。10月は、3週間だけ時間が与えられた。 trk.hatenablog.jp 10月の自分は悩んでいた。事例4は相変わらずミスが減らない。事例1-3は、解答スタイルに揺らぎが生じていた。「試験直前に、自分のスタイルを変えること。」試験に不合格…

とびきりの二次対策②(9月の過ごし方)

事例1~3をひたすら解いた8月を終え、さて9月である。 trk.hatenablog.jp ストレート生は事例4に力を入れるべきと言われる。勉強時間の半分以上は、事例4の対策にするべきだと。自分の場合、9月になって初めて本腰を入れて事例4の過去問を解いた。その結果…