とびきり!中小企業診断士☆受験ブログ

中小企業診断士を目指す男の日々を記す。

中小企業診断士試験 二次

1年目と異なる問題解答手法

2年目の勉強を通じて、以下の能力が改善されたのではないか。それを記しておく。1)与件文の読解能力使用参考書:全ノウハウ2018の読解2次試験の1日前に読み、与件文の読み方がわかるようになった。それまでは読まなくてもいいと思っていたが、なぜか201…

診断士試験の2年目にやった勉強

2次試験も終わり一週間。今更ながら、振り返る。出来に関しては、なんとも言えないというのが正直なところだ。去年に比べると、大きな外しはしていないと思う。だが、小さく外したところはいくつかあり、そこに致命的なものが含まれていたら、厳しい戦いとな…

カキフライ定食と2次試験

「また、この季節が来たか。」 カキフライ定食と中小企業診断士試験2次試験に対して、私はこういう、似た感情を抱くことがある。 牡蠣はRがつく月に食べるものという。September(9月)に始まり、April(4月)にいったん終える。だから9月になると、街中の…

中小企業・製造業のIoT導入に関するメリット・デメリットについて

IoT(Internet of Things=モノのインターネット)が熱い。らしい。 中小企業診断士の試験でも聞かれる可能性があるところ、メリット・デメリットをまとめておく。聞かれるとするならば事例3なので、特に製造業のIoT導入について調べた。 メリット 1 機器の…

試験勉強は、登り坂で車を押すがごとし

現在、事例4の勉強をやりなおしている。 昨年の二次試験を受験してから、しばらく勉強をしてこなかった。事例1~3は、普段の仕事にも関係があると言えばあるので、多少は維持されていたと思う。 だが、事例4についてはあまり手を出してこなかった。その…

中小企業診断士試験(2次)における守破離

守破離という言葉がある。 日本古来の修行の段階を示す言葉であり、近年ではプロフェッショナルになる段階でも使われる。 「守」とは、先人が築き上げたものに従い、それを身につけることである。まずは型を会得するということだ。 「破」は、会得した先人の…

中小企業が扱うべき商品・サービス(事例2)

昨日に引き続き、事例2の話。 中小企業は価格競争に巻き込まれないよう、商品やサービスに個性やこだわり、専門性を出すことが必要である。 岩崎氏の「小が大を超えるマーケティングの法則」においても、「ほんもの力」を高めることの重要性について述べら…

中小サービス業にとってのコミュニケーション力とは(事例2)

サービス業にとってのコミュニケーション力とは何か。 それは、現場対応力、情報受信・発信力、関係維持力である。 trk.hatenablog.jp 現場対応力 現場対応力というと、従業員のしつけや礼儀正しさといったフレンドリー・サービスの質が思い浮かぶ。だが、こ…

「農業のマーケティング教科書/岩崎邦彦」も事例2に役立ちそう

岩崎邦彦氏の著書は、事例2のバイブルである。もっとも著名なのはスモールビジネス・マーケティングであろうか。 trk.hatenablog.jp さて、そんな岩崎氏の著書の中で最も新しい(2017年11月刊行)「農業のマーケティング教科書 食と農のおいしいつなぎかた…

笑点の歌丸師匠と岩崎邦彦「小さな会社を強くするブランドづくりの教科書」

歌丸師匠がご逝去された。 リアルタイムで見た頃、歌丸師匠は司会者ではなく大喜利の回答者であった。楽太郎さんと貶し合い、木久蔵さんをイジっている印象が強い。お年をめしても、ハリのある声で、それでもゆっくりとした口調で、「伝わる話し方」をしてい…

コストを下げるための在庫管理・在庫削減(事例3)

在庫管理について勉強している。 頻出のテーマというわけではないが、何が飛び出すか分からない事例3。多品種の業態は、在庫管理が必須という。一応勉強しておきたい。 trk.hatenablog.jp 在庫管理・在庫削減を行うメリット 1 保管費・管理費の削減 無駄な…

ひたすら事例3を勉強する日々

ここのところ、事例3の勉強ばかりしている。 工場管理や生産管理に関する本を読み漁っているのだが、ようやく理解しはじめているようだ。というか、これまで全然理解できていなかったことがよく分かった…。こりゃ昨年の試験でも、事例3は合格点が取れない…

スモールビジネス・マーケティング(岩崎邦彦)を改めて読む

改めて読みなおす。中小企業診断士試験の事例2のバイブル。 スモールビジネス・マーケティング―小規模を強みに変えるマーケティング・プログラム 作者: 岩崎邦彦 出版社/メーカー: 中央経済社 発売日: 2004/04/01 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 12…

「ふぞろいな合格答案10年データブック」が6月に販売される模様(全知全ノウは7月)

ふぞろいな合格答案は、昨年度にエピソード10を発行した。10年選手である。 なんと、それもあって10年分のデータをまとめた、ふぞろいな合格答案10年データブックが6月に発売されるとのこと。 ふぞろいな合格答案 10年データブック 作者: ふぞろいな合格答案…

中小企業の株式上場に係る課題と解決策

中小企業が株式上場を希望した場合、どのような課題があり、どういった支援をすべきなのか。 …という事例が紹介されていたので、簡単にまとめておく。 http://j-net21.smrj.go.jp/know/handson/h29/pdf/h29_05.pdf ■背景 医薬品開発を行う創薬バイオベンチャ…

ふぞろいな合格答案エピソード11が6月22日に発売

ついに、発売予定日が決定した。Amazonでも予約が可能となった。 「ふぞろいな合格答案エピソード11」である。 2018年版 ふぞろいな合格答案 エピソード11: 中小企業診断士2次試験 作者: ふぞろいな合格答案プロジェクトチーム 出版社/メーカー: 同友館 発売…

(2018年度)診断士試験の試験委員が発表されたので、その著書を調べた

平成30年度の診断士試験委員が発表された。 少々入れ替わりがあったそうだ。 ■試験委員名簿 http://www.j-smeca.jp/attach/test/h30/h30_shikeniin_meibo.pdf 新たに加わった委員は以下の4名。(この他、4名が退任された模様) 木内 正光 准教授(城西大学…

中小企業診断士・二次試験の模試スケジュール(2018年度)とお勧め

2017年3月10日に、MMCで二次試験模試が行われた。 いよいよ2018年度の二次試験対策もスタートが切られたような気がする。自分自身のスケジュール把握もかねて、2018年度の二次試験模試スケジュールを分かる範囲で以下にまとめた(2018年3月版)。 MMC AAS名…

ふぞろいな答案分析4と再現答案4が3月20日に発売、そして合格答案との違い

2017年度の二次試験が終わり、5か月ほど経つ。 ふぞろいな答案分析4と再現答案4が、3月20日に発売された。 ふぞろいシリーズとは 中小企業診断士受験生にとってバイブルであるこの参考書。これは過去の診断士試験受験生(合格者・不合格者)の再現答案と評…

1月最終週の診断士試験勉強記録

1月が終わった。早い…! 診断士試験 の勉強状況は、あまり芳しいとは言えない状況。得点開示の内容なんかを見ると、課題は事例3の改善にあるのは間違いない。だが、事例3にそこまで時間がかけられていない状況である。 では現在、何をしているかと。 それ…

得点開示請求の返事が届きました

ようやく得点開示請求の結果通知が来ました。 trk.hatenablog.jp 実際に開示請求を送付したのは12月の頭です。 が、合格発表(12月22日頃?)を始めとして1か月後に返却されるということで、今日の今日までかかってしまったようです。他のブログを見ても、…

MMCやTBCで合格体験記が更新されつつある

MMCに平成29年度の合格体験記が更新されていた。 MMC 中小企業診断士講座は、実績のあるMMCで! 合格体験記 今年の体験記の掲載数は6つ。去年が8つだったので、ちょっと減っている。 しかし事例IVの対策は今年度の試験に効果的だった模様。特に取替…

ポアンカレのインキュベーションと二次試験

ポアンカレのインキュベーションという問題解決の手法がある。 一言でいうと、「意識的かつ集中的に問題に取り組み、その後しばらく問題から離れる」という問題解決の手法だ。 これはポアンカレという数学者が、フックス関数について最初の論文を書いた際に…

(2017年度)二次試験の出題の趣旨と問題文を比較分析してみた

本日、中小企業診断士の最終合格発表と出題の趣旨が発表された。 平成29年度中小企業診断士第2次試験の出題の趣旨について 早速、設問と趣旨を比較表にして確認してみた。表をそのまま載せるのもまずいかもしれないので、所感について以下述べる。 (1)事…

春秋要約はじめました

春秋要約とは、日経新聞の「春秋」を40字程度でまとめるものである。 読解力、要約力(文字単価の向上)に効果があるという。 * というわけで春秋要約を、試しに始めてみた。パソコンの前に座して要約するのは難しそうだが、タブレットやスマホで春秋を読め…

(二次試験)筆記試験結果のお知らせと今後の展望

二次試験の筆記試験結果が到着した。 trk.hatenablog.jp 事例3のみがCで、それ以外はAであった。試験を終えた時点の感触に近い。事例1と2は意外にできたな、と思う一方、事例3は手ごたえがあまりなかった。事例4は、まあ部分点はとれたかな、という感想…

二次試験の結果、そして羽生名人の言葉

二次試験、結果が出た。 合格ならず。無念。 * いずれにせよ、自分はこれからも経営の勉強をしていくことだろう。 7冠を達成した羽生名人は言った。 1つのことに対して10年、20年、30年と同じ姿勢で、 同じ情熱を傾け続けられるのが才能だと思う、…

今日の午前は二次試験の結果発表

いよいよ、である。 今日は二次試験の合格発表。 泣いても笑っても、今日の午前中には結果が出てしまう。 * 結果はわからないが、やはりこの試験受けてよかった。最近はそう思う。 経営の知識をもとに物事が見られるようになった。 何か新しいことを学ぶと…

結果発表、縦から見るか?横から見るか?

明後日はいよいよ二次試験の結果発表である。 過去の合格番号発表を見ると、意外にスカスカである。隣あわせの番号が、20番くらい離れているものもあった。これでは、自分の番号があるかないか、すぐに分かってしまう。 人によっては、検索で自分の番号を…

AASのブログ

一次試験を終えてからは、中小企業診断士関連のブログをよく見てきた。 trk.hatenablog.jp その中には、受験校のAASのブログもある。東京AASと名古屋AASのものがあり、ブログ村のランキングではどちらも上位だ。 中小企業診断士 鷺山はるこのブログ「Si.Ecco…