とびきり!中小企業診断士☆受験ブログ

中小企業診断士を目指す男の日々を記す。

書評

ドネルドケバブ化された知識でなく、あくなき探求心をもった中小企業診断士になるために

「学びとは何か――〈探究人〉になるために (岩波新書)/今井むつみ」という本を読んだ。 「学び」ということを、認知科学の観点から述べた本。中小企業診断士の試験に向けた「学び」にも役立つと思った。 * 本書の主張は、「学び」とはあくなき探求のプロセ…

コンサルタントになれる人、なれない人/高橋信也・上條淳

最近、コンサルタントとはどういう人かと考えている。 中小企業診断士も企業の相談役となり、助言を与えるためコンサルタントと非常に近い。そもそも中小企業診断士は英名で「Registered Management Consultant」というように、コンサルタントそのものと言っ…

(書評)知的トレーニングの技術/花村太郎

知的創造のための技術を述べる本である。 計画の立て方、発想法、モチベーション管理といった知的生産に欠かせない土壌づくりを説明し、実際的な文章の書き方、読み方から批判的思考の否決にまで踏み込んでいる。 * 知的創造に関する書物は多い。ずっと前に…

ダニエル・ピンクの新刊「When: The Scientific Secrets of Perfect Timing」

感情は、10:00~12:00にポジティブに向かい、13:00を過ぎてガクッと下がる。そして、また16:00から上向きになる。それが一般的な人の傾向だそうだ。 ダニエル・ピンクの2018年1月に発売された新刊「When」はこのようなことを研究し、主張している。1日のど…

(レビュー)Tribe of Mentors by Timothy Ferriss~ビジネス洋書ランキング1位

常々思っていたのだが、アメリカで話題になっているビジネス書が和書になるのは遅い。 最近では、NIKEの創業者に関する本「SHOE DOG(シュードッグ)」が2017年10月に発売されて話題になっていたが、これもアメリカでは2016年4月には発売されていたものである…

「史上最強の人生戦略マニュアル」と中小企業診断士試験

勝間和代さんも勧めていた本書。今更ながら読んでみた。 要点としては、「人生に対して本当にやりたいことは何かを徹底して考える事」「それを達成するにはどうすればいいか、目標と計画を立てる事」の重要性を主張している。 その背景として、「すべての問…

問題を認識し、「正しく問う」ことの重要性

最近「問題解決大全」という本を読んだ。2017年のお勧めとするブログを見たのがきっかけである。 問題解決大全 作者: 読書猿 出版社/メーカー: フォレスト出版 発売日: 2017/12/18 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る この本によると、問題解決…