とびきり!中小企業診断士☆受験ブログ

中小企業診断士を目指す男の日々を記す。

うますぎるポリッピー(でん六)の良いところベスト10

 

 

私はポリッピーが好きだ。うまい。成人してから、よく買っている気がする。

 

そんなポリッピーのいいところを10個探してみました~!

でん六 Eサイズポリッピースパイス 60g×10袋
 

 

ポリッピーのいいところ10

(1)コンビニで必ず見かけるのが良い。スーパーでも売っている。物流戦略が強い。

 

(2)価格は100円なのが良い。「いくらかな?」と確認しなくてもいい。お値段据え置き。100円ショップでも頻出だ。

 

(3)味もいろいろあるのが良い。私はスパイス味が好きだが、塩味も好きだ。チョコ味なんかもつい買ってしまう。大人のチョコボールよりも、ポリッピーのチョコ味だ。その一方、ころころと商品開発をせずに、スパイス・塩味・チョコ味と主軸を決めているのも良い。

 

(4)酒のつまみになるのも良い。新幹線の中で一杯やって買うつまみにピッタリだ。においもほとんどないので、隣にも迷惑でない。せんべいのようにバリバリという音もしない。

 

(5)手があまり汚れないのが良い。ちょっとベタベタするけど、思ったほど汚れない。袋から直接食べることも可能なので、パソコンをしながらでもキーボードがそこまで汚れない。

 

(6)代替品が少ないのが良い。あの豆菓子は、ミックスナッツに混じっているのを見るくらいだ。バターピーナッツや柿の種に比べると、他社の製品をほとんど見ず、ほぼ独断場のように見える。

 

(7)名前がかわいい。ポリッピー。私が芸能人になったら、芸名でつけたい。ポリッピー鈴木とか。

 

(8)キャラクターの「でんちゃん」もかわいい。LINEでスタンプも販売していたので、いつか買いたい。いつかね。

 

(9)ポリッピーは年をとっても食べやすいのが良い。ポテトチップスは、だんだんと胸やけをするようになってくる。だが、ポリッピーは食べても胃が重くならない。

 

(10)ポリッピーはうますぎるのが良い。飽きないおいしさ、ポリッピー。

 

 

以上、ポリッピーを食べながら書いた記事でした。ちなみにステマでもなければ、宣伝記事でもない。本当はSWOT分析をやろうかと思ったのだけれども、強みばかりが浮かんできてしまい、こんな記事になったのであった。

 

なんというか、「大好き!」という存在ではなくて、たまについ買ってしまう、という存在なのが良いのだろう。どのくらい売れているのかは不明だが、安定して売れている商品なのではないかと勝手に想像する。

 

余談だが、ポリッピーは英語で"porippy"と書く。LでなくRなのね。

 

trk.hatenablog.jp