とびきり!中小企業診断士☆受験ブログ

中小企業診断士を目指す男の日々を記す。

今週の株式取引~頼りにしてるぜエスユーエスと日本コークス工業

 

 

久々の株式投資の話。

 

4月は全然株の話をしなかったようで。 というのも、塩漬け状態の株がちょっと増えてしまったのである。特にM&Aセンターと神戸天然物化学に、含み損が発生してニッチもさっちもいかない状態というわけだ。いやー、M&Aセンターは堅調なので含み損の解消は期待できるが、神戸天然物科学、君は損切りも覚悟しているよ。

 

ということで今回学んだ教訓は、「知らない業界には手を出すな」に限る。

 

trk.hatenablog.jp

 

他方、含み益が期待できるのがエスユーエス日本コークス工業

 

エスユーエスは、以前手を出してそこそこ利益を得たのだが、気が付いたら値が下げられていたので、再度購入したものである。比較的底値で手を出せたので、なかなか利益を出してくれている。教訓は、「一度手を出したものも、引き続きウォッチしよう」となる。仮に下げたとしても、底値がなんとなく予測できて初見よりも有利である。

 

日本コークス工業は、PERとPBRから比較的お得だと判断して参入した。また増配も行っており、決算もまず悪くなかろうと判断した。金曜日の午後の決算報告ではまずまず好調だったようで、月曜日に株価上昇が期待される。

 

あとサンヨーホームズは、TOBの対象となって、思いのほか株価が上昇している。これは単なるラッキーだったので、適当なところで売却したい。わざわざ証券会社から連絡があり、TOBに応じるなら、別会社に口座を作らないといけませんよ、と教えてくれた。

 

 

今週の保有

ということで保有している株は、以下のとおり。 

 

1420  サンヨーホームズ

2127  M&Aセンター

3087 ドトール・日レスホールディングス

3387  クリエイト・レストラン

6554  エスユーエス

6568  神戸天然物科学

6998  日本タングステン

9624  長大

 

ドトール・日レスホールディングスは、株価の傾向からして1月に最も高騰し、今が底値のようなので購入した。来年1月まで、ダラダラと保有しておきたい。

 

いずれにせよ、浮ついた投資はせずに、きちんとPERやPBRを確認して割安株に手を出す。この方針をぶれさせてはいけないなと思った4月であった。

 

プロ投資家の「株を買いたくなる会社」の選び方 ―なぜトヨタは「買い」ではないのか

プロ投資家の「株を買いたくなる会社」の選び方 ―なぜトヨタは「買い」ではないのか