とびきり!中小企業診断士☆受験ブログ

中小企業診断士を目指す男の日々を記す。

新Amazon Kindle Oasis(2017年10月)のレビュー:長所と短所

 

 

Amazon Kindle Oasisの新型(2017年10月)を購入した。

この前Zenpadを買ったばかりなのだが…つい欲しくて…。

  

Kindle Oasis、電子書籍リーダー、Wi-Fi、32GB

Kindle Oasis、電子書籍リーダー、Wi-Fi、32GB

 

 

というのもの。タブレットは何かと便利なのだが、読書に関してはいくつか問題があると感じている。それは、①電子書籍を読んでも、どうも頭に入ってこない、②目も疲れる、③寝る前に読むと、LEDライトのせいかいつまでも眠れない、④ネットサーフィンして集中が続かない、等である。

 

これらの問題に対処すべく、Amazon Kindle Oasisを買った。1週間たったので、ちょっとレビューしてみたいと思う。 

 

 

買ってよかったところ

以下に、メリットを述べる。実は、先に挙げた問題をほとんど解決しているのだ。

1.書籍の内容が頭に残りやすい(比較的)

タブレットで読む電子書籍は、どうも文字をなぞるような感じな事が多い。読み終わった後も、あれ?結局何が言いたかったんだっけ?と思うこともある。とうぜん忘却する度合いも紙に比べて多い。

 

これに対し、Amazon Kindleはまだ頭に残りやすい気がする。なぜかはよくわからないのだが。1章読み終わった後も、「こういう内容が言いたかったんだな」と振り返りやすい。

 

ただ、あくまでタブレットと比較しての話であり、紙と比べると、記憶の残りぐあいはちょっと弱いかなという気がする。

 

2.スキャンした書籍やワード資料も読みやすい

 Amazon Kindle Oasisは7インチなので、ワードファイルやPDFファイルも普通に読むことができる。これは小型のKindleではできないことである。印刷する手間が、ちょっと省かれるのだ。あと7インチなので、漫画も読みやすいとか。

 

3.寝る直前まで読める

Kindleは寝る直前まで読める。部屋の電気を消して、Kindleの光で寝る直前まで本を読んでも、そのまま、かろうじて眠ることができる。紙ベースの本を読みながら、「もう眠くなってきたな…これ以上は無理か…」と寝落ちする体験に近い。

 

タブレットでは、こうはいかない。暗闇の中でタブレットを見ていても、興奮状態になるせいか、いつまでもネットサーフィンや読書が出来てしまうのだ。こう考えると、寝る前に過ごす時間としては、非常によいものだと思う。

 

Kindle Oasisは、環境光にあわせてディスプレイの明るさを調整する「自動調整」機能、さらに周囲の暗さにあわせて暗くしていく「ナイトライト」機能もあるのだ。

 

ただし、 寝落ちすることは可能だが、紙に比べるとちょっと眠りが浅くなるような気もする。これについては、もう少し時間をかけて試してみたい。

 

4.適度なネット環境

Amazon Kindleは、一応ネットサーフィンができる。だが、ページは白黒であり、スピードも遅いので、本当に必要最低限の調べものにしか使う気がしない。タブレットでは読書の途中にネットサーフィンなんかをして集中しなくなることもあるが、その懸念がない。

 

このため、スマホタブレットでしょうもないサイトを見る時間が減った。代わりにKindleで本を読む時間が増えたため、生産的な時間が増えたともいう事ができる。

 

ネットサーフィンがやめられない、という人が環境を変える上ではメリットがあるのではないかと思う。

 

5.お風呂でも読める

Amazon Kindle Oasisは、その名の通り(?)防水である。このため、特にジップロックなんかに入れなくても、お風呂で読書することができる。実際私も毎日お風呂で読書しており、非常に役立っている。ただ、のぼせないように注意したい。

 

 

 

買って悪かったところ 

正直いってそこまで悪いところはなかったのだが、以下にいくつか羅列したい。

 

1.値段が高い

非常に機能的なのだが、一番安くても33,980円である。まあ機能に見合うかな、という気はするが、少々値がはるな、という印象は否めない。

 

ちなみにストレージの量を大きいものは、さらに高い。また広告を含まないものにしても値段が上がる。なかなか正確な値段を把握するのが難しい。

 

2.形がウケる

すっかりタブレットになれてしまっているせいか。ディスプレイの横がちょっと長く、ボタンがついているのがなんかウケた。まあ、ページをめくりやすくていいのだけれども。 

 

3.白黒なので雑誌は読みにくい

たまに薄い色の文字なんかで書かれると、読みにくいことがある。まあ、これもしょうがない。

 

 

以上、メリットとデメリットについて述べてみた。

 

総評を述べると、買ってよかったと思う。特に、寝る直前まで本を読めるというのは非常に良い。スマホタブレットでいつまでもネットサーフィンして眠れない人なんかは、購入を検討しても良いのではないかと思う。 

 

ただ、電子書籍には読み方があると思う。これは現在も研究中であるが、30分~1時間ほどで、重要なポイントを3~5個抜き出す作業とすべきではないだろうか。長時間かけて読んでも、内容を忘れていることがどうも多い気がする。

Kindle Oasis (Newモデル) 32GB、Wi-Fi、電子書籍リーダー

Kindle Oasis (Newモデル) 32GB、Wi-Fi、電子書籍リーダー