とびきり!中小企業診断士☆受験ブログ

中小企業診断士を目指す男の日々を記す。

日本式の最強の食事はバターコーヒーよりもバター味噌汁かもしれない

 

 

バターコーヒーを続けて1カ月以上経つ。 

継続と言う点ではあまり問題のないダイエット方法かもしれない(ただし普通のバターを使っている)。

 

trk.hatenablog.jp

 

とはいえ、最近コーヒーが切れてしまった。やむなく味噌汁にバターとココナッツオイルを入れたのだが、これが意外にイケたのだ。

 

味噌とバターの相性がいいのは明らかではあるが、ココナッツオイルもなんとか気にならない風味であった(少しは甘い香りがするのだが)。特に野菜や具はいれずに、単に味噌をといた汁にバターとココナッツオイルを入れただけである。

 

食欲を抑えるというダイエット向けの効果にはバターコーヒーと比べて遜色はなかった。バター味噌汁を飲んでも、午前中の食欲は制限されていた。またココナッツオイルを入れているので、脳の働きにも特に大きな問題はなかった。

 

さらに味噌は発酵食品である。整腸にも効果があり、腸のチカラはメンタルヘルスにも効果があるという。脳を活性化させるコーヒーも魅力的であるが、整腸によってメンタルを整えるというバター味噌汁も、日本人向けの最強の食事と言っていいのではないだろうか。

 

ただし、一点気になるのが、味噌にはわずかだが糖質が含まれていることである。バターコーヒーは、16時間糖質を控えることでケトン体を発生させることも目的の1つとなっている。このあたりは、ちょっとなんとも言い難い。気になる人は引き続きバターコーヒーをやるべきであろう。

 

ただし、コーヒーが苦手な人なんかは、バターコーヒーのかわりにバター味噌汁という選択肢も検討して良いのではないだろうか。あまり人に言える名前ではないかもしれないが。