とびきり!中小企業診断士☆受験ブログ

中小企業診断士を目指す男の日々を記す。

より良い計を元旦に立てるために

 

 

2018年になりました。

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。

 

さて、一年の計は元旦にありといいます。一年の計は元旦に立てるべきだと。皆さんご存知ですね。自分も一年の計画を今日たてたいと思いますが、それに合わせて次の2点を大事にしたいと思います。

 

(1)昨年の計画を振り返る

 PDCAを回すというやつですね。昨年の計画を振り返り、ここができた、あれがダメだったということを踏まえて、今年の計画を立て直したいと思います。なんとなく思い付きで立てても、うまくいかないでしょうし。

 

 後、進捗なんかを確認する「評価」の予定も併せて入れておこうかと思います。そうすると、きちんと達成できたかを見直すことができますし。

 

(2)お参りで神様に誓う

 お参りをする際に、神様には「~してください」とお願いするよりも、「~をするので、見守っておいてください」と誓う方が良い。自分はこの考えが好きです。たしか「うしおととら」という漫画を読んだときに、出てきた言葉だったような気がします。

 このように具体的な計画を踏まえて、神様に誓いを立てる。こうすることで、一年に立てる計もおざなりにならず、実現可能性が高くなるかもしれません。 

 

 

 さて私の計画ですが、今年は6月までは簿記の勉強、事例3に関する書物を読みつつ、7月から本格的に二次試験の対策を進めようと思います。まあ、ちゃんと試験を受けられるかが懸念ではあるのですが…。

 

 あと2017年は、二次試験終了後(2017年10月~12月)までダラダラとしてしまいました。こうしてブログを書いているように。10月~12月の予定も立てる必要がありますが、それは簿記が終わる6月末あたりに上半期を振り返り、改めて計画を立てるようにします。

一年の計

一年の計