とびきり!中小企業診断士☆受験ブログ

中小企業診断士を目指す男の日々を記す。

日本タングステンと今週の株式投資

 

 

今週の株式市場も下落が続いた。金曜日には少々回復したようであるが、引き続き厳しい感はいなめない。

 

trk.hatenablog.jp

 

さてこちらも保有している株は、先月から特に動かさず。

 

3480 ジェイ・エス・ビー

6998 日本タングステン

1420 サンヨーホームズ

3387 クリエイト・レストラン

3564 LIXILビバ

4119 日本ピグメント

7810 クロスフォー

9624 長大

 

ジェイ・エス・ビーの回復が意外に遅い一方、日本タングステンLIXILビバが意外に堅調である。

 

 

日本タングステンは、その名のとおりタングステンモリブデンファインセラミックの精製加工会社である。近年はタイ・中国・アメリカにも事業を拡大しており、早くから海外進出に積極であった。

 

事業内容は以下のとおり。

1.タングステンモリブデン、その他の金属の精製、加工ならびに販売

2.ファインセラミックその他の窯業製品の製造ならびに販売

3.産業用機械装置および機械部品の設計・制作ならびに販売

4.不動産の賃貸および管理

5.再生可能エネルギーによる発電事業およびその管理・運営ならびに電気の供給、販売等に関する業務

6.前各号に関連する一切の事業

 

個人的に興味深かったのが、3.と5.である。

精製加工会社が、産業用機械装置を販売するのか。2017年度の診断士試験の事例3も同様に産業用機械装置の販売を始めるところであった。直接解答に関係する話ではないが、うーむ、こういう事例もあるのだなと改めて感じた。

 

あと5.の発電事業および電気の供給。これは事例4の事例に近い気がする。金属の精製加工という主要事業から、どういう発想で3.4.5.の展開へと至ったのか、一度聞いてみたいものである。

 

トコトンやさしいセラミックスの本 (B&Tブックス―今日からモノ知りシリーズ)

トコトンやさしいセラミックスの本 (B&Tブックス―今日からモノ知りシリーズ)