とびきり!中小企業診断士☆受験ブログ

中小企業診断士を目指す男の日々を記す。

バターコーヒーの効果はダイエットと時間確保、そして脳の活性化

 

 

バターコーヒー(完全無欠コーヒー)という飲み物がある。

 

400mlのコーヒーに大さじ1杯くらいのバターを入れたもので、ここ最近、ダイエット界隈で注目を浴びているらしい。朝食の代わりに飲むと腹持ちがよく、トータルで摂取カロリーが減るのだとか。2015年に発売されたシリコンバレー式 自分を変える最強の食事という本で紹介され、アメリカではブームが巻き起こったとか。

 

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

 

 

但し、入れるバターは普通のものでなく、グラスフェッドバターであることが推奨されている。グラスフェッドバターとは、牧草だけで育った牛の牛乳から作られるバターという。日本ではあまり売っていない。というか聞いたこともないのが正直なところだ。

 

さらに、脳のエネルギーを作るため、MCTオイルというココナッツオイルの上位版を入れるのがバターコーヒーのやり方だそうだ。MCTとか言われても、「ちょっと何を言ってるかわかないんですけど」が正直な感想である。MCTってなんですか?分子記号とか出てくるんですか?とか、うさんくさい、とか思われる方もいるであろう。

 

実際にバターコーヒーを一週間ためしてみた

それはさておき、自分もバターコーヒーを試してみた。

ダイエットのためというより、脳の活性化である。先に紹介した本によると、体重が落ちるだけでなく、IQも上がるらしい。まじか。

 

自分としては、資格試験に向けて頭の回転を良くするため、試してみたい。あわよくば、IQをめっちゃ上げて、イーロン・マスクとかになりたい。

 

なお、試行としてのバターコーヒーなので、グラスフェッドバターではなく、普通の無塩バターを使用した。MCTオイルも、EVココナッツオイルで代替した。まずは開始することが重要だ。まあ、効果としてはそこまで違わないと信じたい。

 

 

で、実際に試して感じたことを以下に紹介する。

 

1.朝食に時間を取られない

まず明らかな効果はこれである。朝食の時間がかなり短縮され、勉強時間を確保することができた。朝食を食べるには、準備し、食べて、後片付けをするフローがあるが、そのほとんどが発生しないのである。これは大きなメリットと言える。

 

2.食欲がコントロール下にある

バター成分は腹持ちがよく、食欲を制限するという。

この効果は確かにあった。朝起きてバターコーヒーを飲んだ後は、昼食時まで食欲がわかなくなった。以前は11時頃になると、「今日のお昼ご飯はどうしようかな」「お腹がすいた…」と集中力がなくなることもあったのだが、その悩みがなくなったのである。これはかなり心地よい。

 

3.勉強に対する姿勢が前向きになった(気がする )

これはちゃんとbefore/afterで調査したわけではないが、以前に比べ勉強に取り組む姿勢がついている気がする。勉強しても、「何か食べたいな…」という欲望が弱まり、勉強の集中力が持続するようになっているような。

食欲という欲求がコントロールされ、自律性が高まったのかもしれない。

 

4.脳が活性化されたか 

では脳は活性化されて、IQは上がったのか。

答えはYesと言いたいところだが、実際にテストをしたわけではないのでよくわからない。だが、食欲がコントロールされ、勉強に対する集中力が続くことで、自分としては十分な効果を上げた…ように考えている。 

 

 

以上が自分のバターコーヒーに対する感想である。毎日バターを取るという事で、健康に対して何か弊害があるのではないか、という気もするのだが、もうちょっと続けて様子を見る予定。また何か変化があったら、ここで紹介したい。

ケトン体でやせる!バターコーヒーダイエット:MCTオイルをプラスでさらに効果的

ケトン体でやせる!バターコーヒーダイエット:MCTオイルをプラスでさらに効果的